そもそも、太陽光発電ってなに?

太陽光発電は、太陽の恵みを電気に変えてくれる装置です。

 

太陽光発電を設置する家庭や企業も増えてきているので、皆さんも実物をご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

太陽電池(太陽光パネル)は日の光がよく当たるように南向きや東西の向きに設置されていることが多いです。

太陽電池の表面に太陽の光が当たることによって、電子がN(ネガティブ)とP(ポジティブ)に分かれ、マイナスとプラスの電子が離れていきます。

 

太陽電池の1枚全体を「モジュール」と呼び、その中にブロックのように埋め込まれた一枚一枚は「セル」と呼ばれます。

 

通常、1枚のモジュールの中には複数のセルが埋め込まれています。

 

氷を作るための板状の製氷皿に例えると製氷皿の容器全体がモジュールにあたり、氷を作るために仕切られた一つひとつの小さなボックスがセルにあたります。

 

一般家庭の場合、屋根や屋上にこのモジュールが何枚か設置されて、太陽光発電が行われることになります。

 

また、草原や耕作放棄地などに大量のモジュールを並べて大規模に発電を行う事業用の「メガソーラー」も導入が進んでいます。

 

この場合は何千、何万枚というモジュールを使用することになります。

 

セルの材料になるのはシリコン(半導体)が中心ですが、現在では銅やインジウムなどの化合物を素材にしたセルも開発されています。

 

間近で観察してみると、太陽電池の表面には筋状の電極があって連なったセルの中を走っていることがわかります。

 

その筋状の電極で電気を吸収し、電極の中を電気が流れていき家庭内に送られていくのです。